KOARA.work

「学び、つながり、楽しい場所があふれる世界へ。」〜そのためにアウトプットを100回行おう〜

経営情報システム26年度過去問 復習(中小企業診断士勉強記録2)

time 2019/06/10

経営情報システム26年度過去問 復習(中小企業診断士勉強記録2)

過去問2科目目の経営情報システム。

点数は48点。合格点は60点なので、足りない。しかもマークシートに助けられているだけだ。理解レベルは低い。

 

 

とにかく、馴染みがなさすぎるw

よくわからない単語だらけであり、問題を解くというより、

「そもそもFATとかNTFSとか何の略なのかすら知らねーよ」から始まるので、まずは単語の意味を理解しよう。

まるで英語。

 

道のりは相当遠い。一歩ずつ地道に進めていくしかなかろう。

 

 

今回の過去問で覚えた単語

 

FAT・・・ファイルアロケーションテーブルの略。

NTFS・・・上記のFAT進化版とのこと。

https://www.google.com/search?q=FAT%E3%81%A8%E3%81%AF&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwi78viG1djiAhWlGaYKHUCEDpMQ_AUIESgC&biw=1440&bih=739#imgrc=cMd_zcohy94P9M:


セクタとクラスタ・・・セクタをまとめたものがクラスタ

図がここにあった。

https://www.brain-network.ne.jp/hdd_data/hdd002.html


シリアルインターフェースとパラレルインターフェース

インターフェースは接触面の意味とのこと。

確かに、ユーザーインターフェースとか言うけど、それもユーザーとの接する部分を表g年している。

シリアルインターフェース・・・USB

パラレルインターフェース・・・ATAIDE),SCSI


XML・・・マークアップ言語の一部


データ圧縮の話

ランレングス法・・・データ圧縮方法の一種。

AAABBCCCCというデータをABC4という形で表すことができる


デュアルシステム・・・2系統同一処理

デュプレックスシステム・・・一つはメイン、一つはサブ

ホットスタンバイ・・・電源ONで有事のためにスタンバイ

ウォームスタンバイ・・・ホットとコールドの間

コールドスタンバイ・・・電源OFFで有事のためにスタンバイ


POP(Post Office Protocol)・・・メールソフトがメールサーバーからメールを受信するためのプロトコル。

SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)・・・こちらは送信。


DNS(ドメインネームシステム)・・・IPアドレスとドメイン名の紐付けをしまっせシステムのこと


トークンリング・・・全体が一つの輪になる様に接続される。

全然イメージがつかなずだが、まずはこの形状(リングであること)だけでも覚えておこう。

徐々に理解しよう。


政府CIO

役割

  • 戦略パートナー
    経営陣の一員として、経営戦略を展開させるための、ITの観点を持った積極的な参加者
  • 戦術の実行者
    戦略を実行する上でのコントロールタワーとして実行する責任者
  • ニーズに応える支援者
    関係者の問題を把握し、ビジネス志向の支援を実施

https://cio.go.jp/what


電子認証登記所は管轄に関わらず東京法務局

一方管轄登記所は全国の登記所が該当する


アジャイル開発プロセスと、ウォーターフール型システム開発


NEC
HPがとてもわかりやすい。

https://www.nec-solutioninnovators.co.jp/column/01_agile.html

エクストリームプログラミング、スクラムはアジャイル開発プロセス

アジャイル開発プロセス・・・アジャイルとは素早い、頭の回転の早いと言う意味。もう一つのウォーターフール型が、最初にゴールを決めて、その通りに開発を進めるのに対し、アジャイル型はゴールはその目指す過程で変化し、最高の状態を作り上げる。

 

「エクストリームプログラミングを意識して進める4つのポイント」

(1).顧客と開発者の、もしくは開発者間の円滑な「コミュニケーション」(communication)

(2).必要最小限の設計しか行わない「シンプルさ」(simplicity)

(3).頻繁なテストによる「フィードバック」(feedback)

(4).大胆な設計変更に立ち向かう「勇気」(courage)

 

ウォーターフール型システム開発・・・最初から最後まで流れるように一気に行う。途中でテストなどはしない


エンベデッドシステム・・・組み込みシステム。冷蔵庫、カーナビ、電話、テレビ、などオリジナルのコンピュータシステム


UML(Unified Modeling Language)・・・統一モデリング言語。指示書の仕様を形式化したもの

ユースケース図

コミュニケーション図

DFD(データーフローダイアグラム)

アクティビティ図 などがある。

実際の図を見た方が早い

http://objectclub.jp/technicaldoc/uml/umlintro2


BYODbring your own device・・・私的端末の業務利用。セキュリティモラルが求められる。

MDMMobile Device Management・・・スマホやタブレットの管理。

シャドーIT・・・会社の承認を得ずにプライベートでセキュリティに関わる情報を操作してしまうこと

リモートワイプ(遠隔でデータ消去)

ローカルワイプ(パスワードロックが何回かで消去)


BCPbusiness community plan・・・事業継続計画の意味。自然災害、火事、テロ時など想定されるリスクに備える。

https://www.chusho.meti.go.jp/bcp/contents/level_c/bcpgl_01_1.html


鍵の暗号化

複合化とは暗号化したものを元に戻すこと

https://tech.nikkeibp.co.jp/it/article/COLUMN/20071012/284424/

いまいち理解できていないがYouTubeで解説を発見

https://www.youtube.com/watch?v=pwjLyhzP28I

助かる。つまり公開鍵は暗号化する前提。復号はできない仕様になっている。そこがミソ。

秘密鍵は受信側が持っており、開ける専用の鍵、公開鍵は閉める専用。

プロフィール

荒井浩介

荒井浩介

1987年3月18日生まれ。元製薬会社MR。 2011年より「学ぶ大人のコミュニティ 」勉強カフェで起業しようとしたら同じ名前で想定していたコンセプトですでに存在し、運命を感じてすぐにそのメンバーに加わる。2014年には株式会社ARIAを設立、勉強カフェ大阪本町をオープン。2016年に勉強カフェ大阪うめだをオープン。勉強カフェ大阪本町会員(634番)。 勉強カフェ大阪の会員様むけに自宅学習者をオンラインで見守るサービス「THE ONLINE STUDY ROOM」を201812月リリース。管理人を務める。 2013年から始めたTHE BLUE HEARTSの全曲解説ブログ「もう一度聴くためのブルーハーツ全曲解説〜見捨てられた裏通りから大切なメッセージ〜」の全曲解説完了、ファンの間で人気を博す。 ただいま様々な「100のアウトプット」に挑戦中。 [詳細]

アーカイブ

カテゴリー