KOARA.work

「学び、つながり、楽しい場所があふれる世界へ。」〜そのためにアウトプットを100回行おう〜

店舗型コミュニティマネージャーは「グッドミキサーであれ」

time 2018/03/17

店舗型コミュニティマネージャーは「グッドミキサーであれ」

店舗型コミュニティマネージャーの中でも、大事な役割の一つ、

それは「グッドミキサー」であること。

グッドミキサー、という意味が英語としては社交家、人付き合いが上手い人ということらしいが、ここでは良き巻き込み者であれ、ということであり

そこにいる人を繋げたり、あるいはイベントに参加する魅力を伝えて促したり、

もしくはイベントの開催がしたくなるような、あるはしやすいような提案を行ったりすることだ。

つまり、その周りにいる人=場が静かなままではなく、動きを持つように意識して行動する、ということだ。

会話以上に、これらは意識していないと、ただ会話して終わるようなコミュニティマネージャーになってしまう。

会話をしている最中に、他の方が自然と混ざったり、自然と繋がるように工夫して会話する。

意識していれば、その瞬間は何回も訪れる。

あくまで、その場にいる人が中心なわけだから、会話の中心をそこに据えるように配慮する。

コミュニティマネージャーは円滑に会話が動くように、サポートするだけでいい。

あとは、その場にいる方同士で好きなだけ楽しんでもらう。

初動にはサポートがいるから、そこまでをサポートする。

初動とはつまり、最初の会話のきっかけだ。

話に混ざっていない人にあえて、話を振る、ということも試してみる。

そこから、その方が望んでいれば話に加わってくれる。望んでない場合には、特に会話に交ざらなければいけないという

決まりはないわけなので、そのまま軽く会話をして次の行動へ移るだろう。

それでいい。

グッドミキサーは、これを躊躇しない。

自分がある種のお節介になることも覚悟できている。

それでも繋がったり、その人にとって良さそうな影響があるなら、チャレンジしてみる。

コミュニティマネージャーの積極的な姿勢が問われる。

失敗を恐れてしまうと、どうしても受け身になってしまう。

つなぐことは、つなぐ責任を生むから、どうしても躊躇しやすい。

あまりうまくいかないことだって多いからだ。

しかし、それはよくあることなので、気にしないに尽きる。

つないでみないと、その人同士が合うかどうかなんて、つなぐまでわからない。

だから、恐れてはいけない。

むしろ、つながないリスクもある。例えば、紹介した人同士が、そのまま結婚することもあった。

それは、つないでいなければ、起きなかったことかもしれない。

つないでなければ、その方同士は一生出会わずに過ごした可能性がある。

つながないことは、

大事なパートナーの出会いを奪っている、というリスクとも置き換えられる。

そう考えれば、大きな場面に毎回遭遇していると、思うこともできる。

やりがいは増える。

グッドミキサーであることで、周りの人たちに、何かしら「出会い」が起こりそうな

匂いを感じてもらうことができる。

その匂いは、イベントのワクワク感に似ている。

毎回、何かを期待して生きている人生である以上、

そうあることはとても面白みに変わる。

何かが起こりそうな雰囲気を持つ、コミュニティマネージャーであると、

場にワクワク感が及ぼせるはずだ。

プロフィール

荒井浩介

荒井浩介

株式会社ARIAという会社を2014年に立ち上げました。勉強できるカフェを大阪でやってます。中小企業診断士勉強中。記録をアップしていきます。 ただいま様々な「100のアウトプット」に挑戦中。 [詳細]

アーカイブ

カテゴリー